[PR]

 安倍晋三首相が辞任を表明した28日、県内政界からも驚きの声があがった。コロナ禍が続くなかでの突然の事態。街では今後の感染対策を心配する声も多かった。

     ◇

 「驚いた。コロナ禍で大変な時に、もう一踏ん張りしてほしかったが、体力の限界だったのかもしれない」。自民党県連幹事長の土井隆典県議は取材にそう語った。

 ただ、同党議員からは厳しい声も。あるベテラン県議は「アベノマスクや『Go To キャンペーン』は世論からすれば迷走とも取られかねなかった」としたうえで「(新内閣は)組閣後、また支持率が下がる前に早めに総選挙を打ったほうがいい」。別のベテラン県議は「街では『自民党、最近どうかしてるんじゃないの』という声もよく聞く。(在任期間は)長かったが、果たしてレガシー(遺産)は残せたのか」と指摘。「コロナ禍において、安倍一強体制は、いい意味でリーダーシップを発揮できる場面だったはずだが、そこまで体調が悪かったとは。こういう形の終わり方は本人も不本意だろう」と語った。

 公明党県本部代表代行の遠山清…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら