[PR]

 連続在職日数の最長記録を更新したばかりの安倍晋三首相が28日、辞意を表明した。「1強」とうたわれた首相の突然の「退陣」に、県内政界にも衝撃が走った。

     ◇

 「緊急連絡が入った」。自民党県連の幹部らが党総裁でもある首相の辞意を知ったのは、テレビニュースが報じ始めた28日午後2時ごろ。新潟市内のホテルでの会合中に、県連会長の高鳥修一衆院議員が出席者に報告したという。

 党総裁特別補佐でもある高鳥氏は会合後、報道陣の取材に応じ、「非常に残念」。コロナ対策が首相の負担を増したとみて、「コロナさえなければ、こんなことにはならなかったと思う」などと述べた。

 幹部らは、今後の政局への対応…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら