• アピタル

潰瘍性大腸炎、進歩する薬物療法 症状は「個人差ある」

有料記事安倍首相辞任へ

戸田政考
[PR]

 難病に指定されている潰瘍(かいよう)性大腸炎。発症後、病気との付き合い方に悩みながらも、薬物療法の進歩に伴い自分に合う薬が見つかって生活の質が向上し、仕事などを長く続けられる人たちもいる。

 「ふつうに仕事ができる人もいるし、休みがちになったり入退院を繰り返したりする人もいる。それほど個人差がある病気」

 東京都在住の田中博さん(50)はそう話す。高校卒業後に就職。その2年後、20歳のときに潰瘍性大腸炎を発症した。原因がわからず、診断までに半年かかった。2年に1回のペースで症状がおさまったりぶり返したり。「はじめの10年で8回も入退院しました」と振り返る。

 2000年、慶応大病院で「顆粒(かりゅう)球除去療法」を受けた。炎症を引き起こす血液成分を取り除いた後、再び血液を体内に戻す治療法だ。「1、2時間くらいで済み、安全性も高い」。効果を感じたが、その1年後に大腸がんが見つかった。30歳のときに手術で大腸を全摘した。トイレに駆け込むことがなくなり、症状は安定するようになった。現在は2、3カ月に1回通院し、薬を使いながら市役所で仕事をしている。

 田中さんは患者会「TOKYO・IBD」の会長でもある。どんなものを食べたらいいのか? 職場の人たちには伝えた方がいいのか? 患者がよく抱く疑問だ。特に病気になったばかりの人は「難病」と言われて、不安が先行しがちだともいう。「でも、ふつうに仕事を続けている人の体験談を聞いたり、元気な患者さんの姿を見たりすると安心感を持ってくれるんです」

 最近では病気の認知度が上がり、知っている人も増えてきたと感じている。

 安倍晋三首相が辞任を表明し…

この記事は有料記事です。残り586文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
戸田政考
戸田政考(とだ・まさとし)朝日新聞記者
科学医療部記者。再生医療やゲノム編集などの基礎医学に面白さを感じ、現在は医療全般を取材。気候変動問題もライフワーク。フットサル年50回が目標。テンションとコレステロールは高め。