ブラックパンサー主演俳優、43歳で死去 大腸がん

有料会員記事

サンフランシスコ=尾形聡彦

 人気映画「ブラックパンサー」に主演した俳優のチャドウィック・ボーズマンさんが、がんのため、死去した。43歳だった。米メディアによると、28日、ロサンゼルスの自宅で亡くなった。ネットフリックスが今年配信した映画「ザ・ファイブ・ブラッズ」にも出演したばかりだった。

 ボーズマンさんのツイッターアカウント上に掲載された声明によると、ボーズマンさんは2016年に大腸がんと診断され、闘病を続けていた。自宅で家族にみとられた。「ザ・ファイブ・ブラッズ」など最近の作品は、手術と化学療法の治療の合間をぬって撮影されていたという。

 「ブラックパンサー」(18…

この記事は有料会員記事です。残り246文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら