被害者は21歳女性、逮捕の男と面識なしか 福岡刺殺

有料記事

[PR]

 福岡市中央区の大型商業施設「MARK IS(マークイズ) 福岡ももち」で28日夜、女性が殺害され、包丁を持った自称15歳の少年が銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された事件で、福岡県警は29日、女性は福岡市の事務アルバイト(21)と発表した。捜査関係者によると、2人に面識はないとみられるという。

 中央署によると、事件があったのは28日午後7時半ごろ。マークイズの1階にある女子トイレで女性が血を流して倒れているのを警備員が見つけた。女性は首など上半身を中心に複数の傷があり、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。署は、客として来店していた女性が何者かに襲撃されたとみている。

 女性が見つかったのと同じころ、自称少年が1階で、血の付いた刃の長さ18・5センチの包丁を持っているところを警備員が見つけ、取り押さえた。目立ったけがはなく、住所不詳、無職を自称。「包丁を持っていた」と容疑を認め、包丁を持っていた理由については理屈が通らないことを話しているという。29日に現場検証をする。

にぎわい消えた商業施設

 事件のあった大型商業施設「…

この記事は有料記事です。残り535文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!