「生きた形跡感じて」ホームレス襲撃、日常収めた80枚

有料会員記事

藤田大道
[PR]

 橋の下で暮らした彼の目は、どんな日常を見ていたのか――。岐阜市の河渡(ごうど)橋付近で3月、渡辺哲哉さん(当時81)が襲われ、死亡した事件。近くに住む女性が、現場の風景の数々をカメラに収めた。「事件を知り、考えるきっかけに」との思いを込め、地元で写真展が開かれている。

 ブルーシートで作られたテント。大量の空き缶が敷き詰められた河原。手向けられた花束やペットボトルのお茶。テントを撤去する行政の職員たち。フィルムカメラで撮った写真約80枚が、岐阜市長住町2丁目のカフェバー「SLOW ROOM」で展示されている。

 撮影したのは岐阜県瑞穂市の自営業、小関千恵さん(39)。渡辺さんを襲ったとされる少年らが逮捕されたと報道で知り、涙が止まらなかった。「なぜ死ななければいけなかったのか」

 長良川にかかる河渡橋は自宅に近く、渡辺さんとみられる男性を見かけたこともあったが、接点はなかった。

 事件後、渡辺さんと同じ橋の…

この記事は有料会員記事です。残り632文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら