ポスト安倍に女性議員も意欲 節目感ある自民党、風穴は

有料記事安倍首相辞任へ

石井潤一郎
[PR]

 退陣を表明した安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選に、複数の女性政治家が意欲を示している。ただ、党内に賛同の輪は広がらず、立候補までこぎ着ける見通しは立っていない。男性ばかりの総裁選になるのか、女性が「ポスト安倍」レースの一角に食い込むのか。

 「女性がリーダーを目指すことは民主主義、また自民党にとってもプラスになる。チャンスがあれば挑戦したい」

 自民党の稲田朋美幹事長代行…

この記事は有料記事です。残り602文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!