[PR]

 福岡市中央区の商業施設で28日夜、女性が殺害された事件をめぐり、包丁を持っていたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された自称15歳の少年が、事件の前日、少年院から移ってきた更生保護施設から無断でいなくなっていたことが、捜査関係者への取材でわかった。福岡県警は29日、中央署に捜査本部を設置。女性が殺害された経緯と少年の関与について詳しく調べる方針だ。

 県警は29日、殺害されたのは福岡市の事務アルバイトの女性(21)で、司法解剖の結果、死因は出血性ショックだったと発表した。

 県警によると、28日午後7時半ごろ、「MARK(マーク) IS(イズ) 福岡ももち」1階の女子トイレで、女性が血を流して倒れているのを警備員が見つけた。首など上半身を中心に複数の刺し傷や切り傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。署は、客として来店していた女性が何者かに襲撃されたとみている。

 一方、少年が1階で血の付いた…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら