[PR]

株式会社新横浜ラーメン博物館代表取締役 岩岡洋志さん

 横浜市営地下鉄ブルーライン新横浜駅の8番出口から歩いて1分。懐かしい昭和の町並みを再現した「新横浜ラーメン博物館」の館内には、各地のラーメン文化に影響を与えた価値ある店舗が並びます。オープンして26年。店舗は入れ替わりを繰り返し、今は「利尻昆布」のうまみが凝縮した極上スープが売りの「利尻らーめん味楽(みらく)」や、超濃厚なとんこつラーメンを出す博多の「八ちゃんラーメン」などの6店舗です。

 昨年の入場者数は約80万人。ここ数年は横ばいで、さらに伸ばそうとする矢先のコロナ禍でした。感染拡大を受けて、4月4日から一時休館しました。

 当館の収入は、各ラーメン店の売り上げの一部と、入館料(大人380円、学生・60歳以上100円)が主です。休館すると収入がなくなり、赤字になる。とは言え、営業してもお客様が来ないと、経費の分だけ赤字が膨らむのです。

 休館中は、政府の対応や消費者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら