[PR]

 木を飲む!? 津市美杉町の木を使ったお茶づくりの研究・開発を進める人たちがいる。衰退が続く林業再生の一助にと、木の新たな可能性を探る試みだ。

 「木の香りが口に広がる」「スッキリした味わい」。津市美杉町で林業を営む「三浦林商」代表の三浦妃己郎(きみお)さん(53)が約8年前、試作した「木のお茶」を知り合いに飲ませると、そんな反響があった。

 三浦さんは、美杉町の山林の約7割を占める杉の学名「Cryptomeria japonica」が「日本の隠された宝」という意味を持っていることに着目。杉には鎮静効果があるとされ、香りも良い。「それなら味も良いはずだ」と考え、杉材を材料にお茶をつくってみた。木の香りがさっぱりして予想以上においしかった。だが、世に出す考えはなく、自分で飲むだけだった。

 転機が訪れたのは今年3月。知…

この記事は有料会員記事です。残り418文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り418文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース