[PR]

 日本企業の貨物船が座礁し、大量の油が流出する事故が起きたインド洋の島国モーリシャスで29日、事故後の政府の対応などに抗議する数万人規模のデモが首都ポートルイスであった。参加者は海岸で死んだイルカの写真を掲げながら「今の政府はいらない」「人々よ目を覚ませ」などと訴えた。

 事故は7月25日、長鋪(ながしき)汽船(岡山県)の貨物船が座礁し、今月6日に破損した燃料タンクの一部から約1千トンの油が流出した。現地政府は24日、二つに割れた船体のうち、船首部分を沖合で沈め、残る船尾部分の処分方法を検討している。一方、26日以降、約40頭のイルカが海岸付近で死んでいるのが見つかり、住民の不安が急速に高まっていた。

 政府は一部のイルカを解剖。体内から油は見つからなかったとして「現時点では、油流出との関連は確認されていない」と発表。これに対し、現地の環境団体は、イルカの死因について独立した専門家による調査を要求していた。

 地元メディアによると、デモ参…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら