[PR]

 次の駐中国大使に垂(たるみ)秀夫前官房長(59)を起用する外務省の人事について、中国政府が同意したことが分かった。中国に幅広い人脈を持ち情報収集力と分析力の高さで知られる垂氏の大使就任には、中国側が警戒するのではとの見方もあった。垂氏は閣議決定を経て着任する。

 中国外交筋が明らかにした。「チャイナスクール」と呼ばれる中国語研修組出身の垂氏は、中国・モンゴル課長や駐中国公使などを歴任し、台湾での勤務経験もある。

 香港情勢をめぐり日本の対中世論が厳しさを増すなど、垂氏は両国関係に影が差すなかで対中外交の前線を担うことになる。(北京=冨名腰隆)