[PR]

 安倍政権の中枢を担ってきた菅義偉官房長官が、自民党総裁選に立候補する意向を固めた。二階俊博幹事長は菅氏を支持する方針で、岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長を含めた3氏を軸とした構図が固まりつつある。岸田氏や石破氏も、態度を決めていない主要派閥や、地方組織を味方に付けようと動いた。

 安倍晋三首相の辞任表明以降、表立った動きを見せていなかった菅氏だが、関係者によると、東京都内で29日夜、二階氏とひそかに会談。立候補への意欲を伝えた。菅氏は同日夕にブログを更新。首相辞任をめぐり「ずっと側で支えてきた私としても大変残念ですが、国民の命と暮らしを守るために、全力で職責を全うしてまいります」と記した。ベテラン議員は「政権を継承して、この危機を乗り越えるというメッセージだ」と受け止めた。

 「ポスト安倍」への挑戦について「考えたこともない」と否定し続けてきた菅氏だったが、最近はテレビ出演などで露出も増えていた。党内では「政策の継続性から菅氏がいい」(党幹部)との待望論が日増しに高まっており、環境が整ったと判断したとみられる。

 党内では連動する動きも。二階…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら