[PR]

 コロナ禍でのスポーツの楽しみ方を語り合う「Next Sports Meeting~コロナ時代に考える@北海道~」(朝日新聞北海道支社、北海道日刊スポーツ新聞社、HTB北海道テレビ主催)が30日、札幌市で開かれた。スポーツジャーナリストの増田明美さんらが、来夏に札幌市中心部で開かれる東京五輪マラソン、競歩などの話題で会場を盛り上げた。

 登壇したのは増田さんのほか、長野冬季五輪金メダリストの原田雅彦さん、北海道コンサドーレ札幌社長の野々村芳和さん。

 基調講演で増田さんが登場すると会場は拍手に包まれた。マラソンと競歩が東京から札幌に変更された当初は戸惑っていた選手たちは、今では夏合宿をする北海道での大会を歓迎していると紹介。午前中に視察したマラソンコースについて、「北大構内はコーナーが多く、スパートしやすい。逃げる選手には有利」と解説した。

 「笑顔と勇気を与えられるのが…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース