拡大する写真・図版2013年9月、ニューヨークに到着した安倍晋三首相(左)と昭恵夫人

[PR]

 「無難さ」とはほど遠く、好きな服を自由に着こなす異色のファーストレディー安倍昭恵さん。その姿は、安倍首相の好きな「伝統的家族観」とは、矛盾するようにも感じられます。コラムニストの矢部万紀子さんが考えます。

 1961年生まれ。朝日新聞経済部、AERA、週刊朝日などを経てフリー。著書に「雅子さまの笑顔」など。

 反原発や大麻に関心を示したり、居酒屋経営に乗り出したりする昭恵さんは、「空気を読む」とか「自重する」といった態度からはほど遠いファーストレディーだった、とみられています。

 とっぴな行動だけでなく、私には、彼女の洋服選び、そのファッションスタイルも、彼女が「こうであらねばならぬ」という発想を一切持たない自由人であることを、見事に語っていると思えます。

改元儀式の服装 首相の放任を直感

 彼女の服装は「無難」ではあり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら