第4回相次ぐ疑惑、かわし続けた安倍首相 官僚も「ヒラメ」化

[PR]

 7年8カ月続いた歴代最長政権の後半、森友学園加計学園をめぐる問題など、安倍晋三首相自身や身内に関するさまざまな疑惑が浮上した。

 なぜ、説明責任が果たされないまま政権を維持することができたのか。

 モリカケ問題が連日報道される中、ある政権幹部はこんな指摘をしている。「問題は完全に政治化し、国民が『反安倍か、親安倍か』『好きか、嫌いか』になっている。ファクト(事実)かどうかは力がなくなっている」。疑惑が持ち上がってもコアな支持層には響かない、との自信を示したものだ。

「国民すぐに忘れる」

 政権が疑惑に向き合おうとし…

この記事は有料会員記事です。残り2907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら