台風で水没、車内で死亡例も 脱出用ハンマーが命救う

有料会員記事

贄川俊
[PR]

 台風シーズンに入った日本列島。水没した車の窓ガラスを割るための「脱出用ハンマー」を備えるよう、国土交通省がユーザーに呼びかけている。昨秋は台風の水害で車内に閉じ込められて亡くなる人が多かったが、ハンマーを搭載した車はまだわずか。国交省の担当者は「ハンマーなしに水没した車から出るのは難しい。いざという時のために準備してほしい」と話す。

 関東や東北に大きな被害をもたらした昨年の台風19号では各地で河川が氾濫(はんらん)し、20人以上が車で移動中に大水に巻き込まれ亡くなった。直後の台風21号や今年の九州豪雨でも、水没した車内で死亡した人が複数いた。

 車が水没すると、電気装置が止まって窓が開かなくなり、車内に閉じ込められる危険がある。水圧のため、内側からドアを開けることも難しくなる。

 車の窓ガラスは強度が高く、素手で割るのは困難だ。そこで、先端が針のようにとがっている脱出用ハンマーを使うことで割りやすくなる。車に備える義務はないが、カー用品店やホームセンターで高くても3千円程度で買える。ただ、ガラスを2枚以上重ねた「合わせガラス」はハンマーでも割れない。買う前にガラスの種類を確認しておく必要がある。

 国交省はウェブサイト(https://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/carsafety_sub/carsafety023.html別ウインドウで開きます)で、ハンマーに関する注意点などをまとめている。

 脱出用ハンマーを車に備えて…

この記事は有料会員記事です。残り235文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら