[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】ニュースの現場から マスク編③

 辞任する安倍晋三首相の支持率下落の一因ともされる「アベノマスク」の調査報道を検証します。全戸配布を終えたばかりにもかかわらず、なお8千万枚を介護施設などに配る予定だったことがわかり、朝日新聞が報道して大きな反響となる中、野党も国会で取り上げることになりました。引き続き、特別報道部の藤山圭記者がその舞台裏を明かしてくれました。

【朝日新聞ポッドキャスト】 マスク編③
有料会員の方は
音声の主な内容をテキストでも確認していただけます(音声の内容をそのまま書き起こしたものではありません)

Q:布製マスク8千万枚の追加配布計画を朝日新聞が報じたのが7月27日の夕刻。翌28日から野党が開いた合同ヒアリングでも取り上げられた。当初から予定が?

A:マスクについては当初の議題になかったのですが、前日にネットの反響がとても大きかったので、急きょ議題に入りました。

Q:どんな様子だった?

A:私も国会で傍聴しました。野党側は、なぜ全戸配布が終わったあとに契約したのか、今のマスクの需給状況をわかっているのかと質問。つまり、「いらないだろう」ということですね。

 厚生労働省でマスクを担当する官僚としても、「マスクは足りている」と言えば配る意味がなくなってしまうので、答えられずしどろもどろになったり、目が泳いだり。

Q:次の29日、担当者が「持ち帰って検討します」と発言。これが節目に?

A:記事を書くに当たって厚労省を取材したときは、「配る時期は未定」という回答でした。その数日後に「7月下旬には配ります」という話がありました。

 追加で配る8千万枚の中には、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら