[PR]

漫画偏愛主義

 鉄道を愛する女子の乗り鉄エッセー漫画である。「憧れのグランクラス」「青春18きっぷ・観光列車」「駅ナカ温泉巡り」などなど、鉄道好きには魅力的な12の乗車体験がてんこもりだ。だが女子の鉄道マニアはそう多くは無いというのが私の体感なので、どれほど共感を得られるか、ちょっと不安ではある。シベリア鉄道にも乗った、かつての乗り鉄として私は言いたい。電車は乗ってるだけで楽しいんだよ! 本作で展開される作者の熱い愛から、その楽しさを感じて欲しい。

 まず第一はあの高級車両。「選ばれし者しか乗れぬ車両・・・それがグランクラス!!」。北陸新幹線の最上級車両である。グリーン車より上の座席で、様々なサービスやアテンダントさんまでつくという。お値段は自由席のほぼ倍。1両に定員18人と、グリーン車の3分の1以下。広々なのだ。アルコールもソフトドリンクも飲み放題。軽食まで付いている。そしてアテンダントさんの呼び出しボタンまであるという! 飛行機かい!

 作者は2度目の乗車だそうで、梅酒、日本酒を次々楽しみ、和洋選べる軽食で和食をたんのう。約3時間の「はくたか」の旅はアッという間だったそうだ。

 「グランクラス『そのもの』に乗って楽しむのが目的の旅!」とは作者。その通り。鉄道好きでもない人には分かっていただけないかもしれないが、乗っている時間にも価値があるのだ。車窓を楽しむ移動時間を含めてこそ旅のだいごみ!

 そして「青春18きっぷ・観光…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも