• アピタル

国産「N95」マスク、共同開発へ 病院の現状を改善

有料会員記事新型コロナウイルス

西尾邦明
[PR]

 国立循環器病研究センター大阪府吹田市)やダイキン工業などは2日、新型コロナウイルスの感染拡大で不足している医療用高性能マスクの共同開発、生産に取り組むと発表した。輸入に頼っていたものが足りなくなり、病院などで使い捨てのはずのマスクを繰り返し使っている現状を変えたいという。

 開発するのは米国の規格で「N95」とよばれるマスクの同等品で、将来的にこの規格の取得をめざす。5マイクロメートル以下の微細粒子を95%以上カットできるマスクで、特に気管内の吸引や歯の治療など患者の呼気に近づく診療などに欠かせないものという。

 国内の医療機関で使われるN95マスクは大半が中国などからの輸入で、コロナ禍で世界的に需給が逼迫(ひっぱく)してからは数が足りなくなった。本来は使い捨てのものを繰り返し使っている病院が多く、厚生労働省も例外的な取り扱いを追認しているのが現状だ。

 国内約172万人とされる医…

この記事は有料会員記事です。残り273文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]