拡大する写真・図版自民党総裁選・菅義偉氏支える主要派閥の構図

[PR]

 自民党総裁選に菅義偉官房長官が立候補を表明し、内政・外交の主要政策で安倍政権の路線を継承する考えを強調した。岸田、石破両派を除く全派閥の支持を取り付け、自民党内で「大本命」とみなされる菅氏。その内側では、早くも菅政権の誕生を見据えた主導権争いが始まっている。

 党所属国会議員の大半を占める5派閥が支持を表明した菅陣営では、派閥間のつばぜり合いが始まっている。

 2日夕、細田派(98人)の細田博之、麻生派(54人)の麻生太郎、竹下派(54人)の竹下亘の各会長が顔をそろえて記者会見を開いた。

 「安倍内閣の業務を引き継ぐリーダーが最善」と細田氏が切り出すと、竹下氏も「国難の時期に強い内閣を作らなければならない」と菅氏支持の姿勢を強くアピールした。麻生氏も「危機管理、政策遂行を担ってきた官房長官の経験は非常に大きい」と持ち上げた。

【動画】3氏が争う自民党総裁選。それぞれの主張は。「簡易型」選挙の影響は。

 3派閥の領袖(りょうしゅう)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら