[PR]

 「安倍晋三首相は、常に友好的なイランと日本の関係をさらに広げることに尽力した」。28日、安倍氏の辞意表明をイラン国営テレビは速報し、最高指導者ハメネイ師が安倍氏と会談した際の映像を流した。

 2019年6月、安倍氏は日本の首相として41年ぶりにイランを訪問した。1979年のイラン革命以来、初めてのことだ。ハメネイ師にとっては、イラン敵視を鮮明にする米トランプ政権が発足した2017年以降、初めて会う西側主要国の首脳となった。

 会談直前の19年5月、イラン核合意から離脱していた米政権はイラン産原油の全面禁輸に踏み切った。イランは対抗措置として、核開発に対する制限を破り始めていた。両国の緊張が高まる中、安倍氏の訪問は国際的に注目された。

 会談には伏線があった。安倍氏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら