[PR]

コラム「笑ってる場合かヒゲ 水曜どうでしょう的思考」

藤村忠寿(HTB「水曜どうでしょう」チーフディレクター)

拡大する写真・図版藤村忠寿さん

 去年の今ごろ、世界中がこんな状況になるなんて誰も予想していませんでした。つまり「今後のことは誰にも分からない」というのが、逆に「コロナでわかったこと」だと言えます。

 今だってこれからどうなるのか?専門家でも予測できない状況です。「じゃあどうしたらいいんだよ!」と言いたくなりますが、「誰にも分からない」のであれば「こうなってほしい」という希望を遠慮なく言うこともできるわけです。テレビ局に勤めている自分に今できることは「今後のテレビはこうなってほしい」と語ることです。

 コロナ禍でテレビを見る人は増えました。一方で「テレビを見るのは控えた方がいい」という論調もあった。テレビ側は注意喚起のつもりでも、受け取る側には「過剰に不安をあおっている」と思われたのです。なぜそうなったのでしょうか?

 民放テレビ局は視聴率の高低で…

この記事は有料会員記事です。残り984文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り984文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り984文字有料会員になると続きをお読みいただけます。