第3回常識を壊す場所 「こちとら、ショーホールじゃない」

有料会員記事

近藤康太郎
[PR]

ライブハウスよ!③

 「ライブハウスは文化の担い手」だという。だから公的に助成するべきだ、と。文化は「不急かもしれないけれど、不要ではない」と朝日新聞も書いている。

 ぬるい、とわたしは思うのだ。

 文化は不要だ。不要でもいい。社会や国家のためになど、ならない。世間は知らず、ただ一人の〈このわたし〉にだけ響く。そういう表現しか、少なくともわたしには用がない。だからこそ地下の小さなライブハウスに、何十年も通いつめてきたのだった。

 ザ・クレイジーSKBを聴いてなお、「これも不要ではない」と書ける新聞など、ないと思う。

 ハードコアパンクからアニソ…

この記事は有料会員記事です。残り1011文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載近藤康太郎編集委員ルポ「ライブハウスよ!」(全4回)

この連載の一覧を見る