写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルスの感染が広がり、テレワークなどで自宅にいる時間が増えた人は多いのでは。私も仕事とプライベートの切り替えが難しく、夜更かしをしがちになった。コロナ禍で健康的な睡眠をとるのに必要な点はなにか。専門家に聞いた。

 国立精神・神経医療研究センター睡眠・覚醒障害研究部の栗山健一部長によると、通勤の抑制や学校の休校で、眠りの問題が生じているという。受診に訪れる患者は「朝、起きられない」「昼間も眠い」などと訴えることが多いそうだ。

 眠りの問題には、大きく二つの背景があると栗山さんは言う。一つは「遅く寝て、遅く起きる」という生活パターンになっているもの。もう一つは、新型コロナの不安などのストレスで不眠になっている、というものだ。一般的な不眠では、朝早く起きてしまうことが多いが、コロナ禍でよく見られるのは、朝起きられない状態だという。「テレワークになって生活にメリハリがなくなり、ストレスがたまる人が多い。睡眠パターンが乱れて十分な睡眠がとれず、体がダメージを受けることになりかねない」と、栗山さんは指摘する。

 なぜ、コロナ禍では「遅寝・遅…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら