[PR]

 2019年9月1日の夕方、愛知県春日井市の岡村豊明さん(39)の自宅に女性が訪ねてきた。

 「奥さんが吹奏楽の練習中に意識をなくして、病院に運ばれました」

 女性は、妻の江美さんが所属していたアマチュア楽団のメンバーで、豊明さんの携帯電話の番号がわからなかったからなのか、直接伝えに来てくれた。

 病院にかけつけると、江美さんはベッドの上で人工呼吸器をつけていて意識不明の状態。くも膜下出血だった。

 医師からは「意識は戻らない可能性が高い。それほど長くないかもしれません」と告げられた。

拡大する写真・図版吹奏楽が大好きだった岡村江美さん(岡村豊明さん提供)

大好きな曲は届いていた

 中学時代から吹奏楽に打ち込んでいた江美さん。この日はテナーサックスを演奏している途中で具合が悪くなり、休憩していたところ、意識を失った。

 「自分に出来ることは祈ることぐらいしかない」。そう思っていた豊明さんに、父親が「調べたら何か刺激を与えたらいいと書いてあったぞ」と教えてくれた。

 豊明さんは楽団のメンバーにお願いして練習していた曲を教えてもらった。江美さんが好きだったバンド「DREAMS COME TRUE」の曲も集めた。集中治療室にいる江美さんの耳元に小さなスピーカーを置いて、聴かせようと思ったからだ。

 曲を流すと、特定の曲の時だけ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら