[PR]

 就職活動などに使われる市販の履歴書には、一般に性別欄があります。ただ、性別で採用判断を左右することは法律で禁じられており、生まれた時の体の性別と異なる性で生きるトランスジェンダーの人らに、性自認の公表を強いることにもつながりかねません。当事者らがメーカーなどに性別欄の削除を求めると、状況は動き出しました。

拡大する写真・図版履歴書から性別欄をなくすように申し入れたあと、記者会見する佐藤悠祐さん(左から2人目)ら=2020年6月30日午後、東京・霞が関の厚生労働省

 「性別欄があることで、(トランスジェンダーの)当事者は困難を抱えています」

 履歴書から性別欄をなくすことを求める1万筆以上のネット署名を手渡すため、6月下旬に経済産業省を訪れた佐藤悠祐さん(28)は、そう担当者に訴えた。

 NPO法人「ReBit(リビット)」の2018年の調査では、トランスジェンダーの人の約半数が、就職活動の際に困った点として「履歴書に性別記載が必須」であることを挙げた。佐藤さん自身、生まれた時の体の性別は女性だが、男性と自認するトランスジェンダーの当事者として、困ってきた一人だ。

採用担当者が「あり得ない」

 ある採用面接では、市販の履歴…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら