[PR]

 多数の高齢者が犠牲となった7月の九州豪雨をはじめ、大型台風や記録的大雨による被害が各地で絶えない。台風の襲来が本格化する9月。今あるべき治水とは何か。

台風の通過後に進んだ浸水 渡辺圭司さん

拡大する写真・図版特養老人ホーム「川越キングス・ガーデン」施設長の渡辺圭司さん

 昨年秋の台風19号で、私たちの特養(埼玉県川越市)でも近くの越辺(おっぺ)川が氾濫(はんらん)し、約150センチの床上浸水に遭いました。100人の入所者・利用者は何とか施設内の階上に避難して無事でしたが、水害対策の一環として、避難に伴う課題も多いと思います。

 被災したのは、昨年10月12日から13日未明にかけてでした。12日時点で、これまでにない大型台風が来る予報も流れており、万が一に備える時間的猶予はありました。夜勤の職員は通常5人ですが、12日夜は職員24人が待機しました。

 避難には、自分の住まいの外への避難と、自分が住む建物の階上に移る「垂直避難」があります。この特養には、平屋のメイン棟2棟のほかに、垂直避難できる2階建ての別棟があります。21年前の豪雨で被災した際、近くのケアハウスに避難した経験から建てられたものです。

 ただ、どちらのタイプの避難でも、とくに高齢者の避難はリスクを伴います。水害そのものを認識できない認知症の人、晴天でも移動がままならない車椅子や要介護の人も多いからです。避難中に転倒する危険もありますし、避難先での排泄(はいせつ)ケアをどうするかなど懸念材料は尽きません。

 「結果的に空振りになっても避難を」とよく言われます。もちろん命を守ることが第一なのですが、避難の際のリスク、避難をサポートするマンパワーの問題、避難にかかる時間などを考えると、避難すべきかどうかの判断に迷ってしまうのは否めません。

 私たちの特養には、避難のタイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら