[PR]

 インド洋のモーリシャス沖で起きた日本企業の貨物船の座礁事故を受け、小泉進次郎環境相らとモーリシャスのカビダス・ラマノ環境相が3日、オンラインで会談した。

 会談後、小泉氏は今後も全力でモーリシャスの対応を支援することをラマノ氏に伝えたことを明らかにした。今後は詳細な環境調査を続ける「環境モニタリング」の計画策定やマングローブ林の保全・再生にむけたプロジェクトへの専門家の派遣などを検討・実施していくという。