JR東、通勤定期値上げへ 割安のオフピーク定期導入も

有料記事

一條優太
[PR]

 JR東日本は3日、通勤定期券の値上げを検討していることを明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響でテレワークなどが進み、利用低迷が長期化する見通しのためとしている。代わりに、混雑しない時間帯のみ使える割安の「オフピーク定期券」を導入する考えだという。

 現在、通勤定期券の運賃は1種類。値上げするには国の認可が必要で、国土交通省と協議する。

 JR東は値上げに先立って、来春までにオフピーク時間帯を設定。Suica(スイカ)定期券でオフピーク時間帯に電車に乗った人に、駅ビルでの買い物やスイカへのチャージなどに使えるJREポイントを付ける。

 また、定期券以外のスイカで…

この記事は有料記事です。残り235文字有料会員になると続きをお読みいただけます。