[PR]

 東京パラリンピックの競技種目にもなっているボッチャの体験会が3日、袋井市の袋井西小学校であった。児童約70人がルールを学び、ボールの投げ方や試合をスポーツ指導員の指導の下、体験した。

 パラリンピックを1年後に控え、誰でも楽しめる競技だと知ってもらおうと、ヤマハ発動機スポーツ振興財団と県障害者スポーツ協会が企画。昨年は県内の小中学校15校で体験会を開き、今年は12校で実施する。

 本来、夏前から実施予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていた。この日は全員がフェースシールドを着用して取り組んだ。

 ボッチャはヨーロッパ発祥の重…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら