【360度動画】いきもの目線/ペンギン@横浜・八景島シーパラダイス=2020年8月24日、竹谷俊之撮影
[PR]

 ピタッ、ピタッ、ピタッ。地面に置いたカメラに1羽のペンギンが興味を示し、近づいてきた。くちばしで突っついたり、口を開けて食べようとしたりして、口の中が丸見えになった。8月下旬、横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)の協力で360度カメラを設置し、ペンギンたちの様子を撮影した。

 同館では現在、5種類のペンギンを飼育展示している。今回、撮影したのは、ホッキョクグマなど冷たい海に暮らす生きものを展示しているLABO4のオウサマペンギン、ジェンツーペンギン、アデリーペンギンの3種類。

 「ペンギンさーん、こっちおいでー」

 人気のコーナーとあって、家族連れやカップルなど大勢の来館者が足を止める。スイスイ泳いだり、プカプカ浮かんだり、立ったまま眠ったりするペンギンたちの様子は、ずっと見ていても飽きない。

【動画】横浜・八景島シーパラダイスの飼育員がペンギンを解説=竹谷俊之撮影

 飼育員の山形えり子さんによると、「クワァー」と鳴きながら「お辞儀」をするペンギンがいるという。360度カメラの映像を確認するとそのシーンがあった。頭に白い帯状の模様があり、黄色い脚が特徴のジェンツーペンギンのカップルに見られる行動で、愛情表現だという。威嚇のようにも見えるが、まさか求愛行動だったとは――。

 ペンギンは世界に18種類、主…

この記事は有料会員記事です。残り199文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら