[PR]

 非常に強い台風10号は4日午前、日本の南を進んでいる。気象庁によると、特別警報級の勢力に発達して5日夜~6日午前に沖縄に最接近し、6~7日に鹿児島・奄美から九州に接近、上陸するとみられる。記録的な大雨や暴風、高波、高潮に最大級の警戒が必要という。

 同庁によると、台風10号は6日午前9時には、猛烈な勢力で沖縄・南大東島の北西約160キロまで進み、予想される中心気圧は915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル。勢力を維持して北上し、7日午前9時には九州の西に達するとみられる。

 一部の住宅が倒壊する恐れがある猛烈な風が見込まれ、5日にかけて予想される最大風速は沖縄50メートル、奄美20メートル、6日は沖縄50~60メートル、九州南部40~50メートル、九州北部と四国20~24メートル。高波も予想され、5日は沖縄で13メートル、九州南部6メートル、6日は沖縄と九州南部、奄美、四国9メートル以上、九州北部と近畿、東海6~8メートル。

 台風が近づく地域だけでなく、離れた地域でも大雨となる恐れがある。6日午前6時までの24時間降水量は多い所で、沖縄と奄美200~300ミリ、九州と東海、関東甲信、東北50~100ミリ。7日午前6時までの24時間では、九州南部と奄美400~600ミリ、四国300~400ミリ、沖縄と九州北部、東海200~300ミリ。(山岸玲)