【動画】3氏で争う自民党総裁選。それぞれの主張は。「簡易型」選挙の影響は
[PR]

 自民党は4日、総裁選(8日告示、14日投開票)の選挙管理委員会を開き、候補者の公開討論会などの日程を決めた。総裁選で恒例だった街頭演説は、新型コロナウイルス対策や日程が窮屈であることを理由に行わないとしている。

 選管の決定によると、告示日の8日、候補者による共同会見を開く。9日午後に党青年局と女性局主催の討論会、12日午後には日本記者クラブ主催の討論会を、それぞれ予定する。街頭演説について、野田毅・選挙管理委員長は「できれば一番いいが、日程的に厳しい。3密をどうするかということもある」と記者団に述べ、実施は難しいとの認識を示した。

 総裁選には、菅義偉官房長官、石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長が立候補を表明している。