[PR]

 高松市内の駐車場に止めた乗用車内に、6歳と3歳の姉妹を半日以上置き去りにして死亡させたとして、香川県警は4日、母親で無職の竹内麻理亜(まりあ)容疑者(26)=同市川島東町=を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。姉妹の死因は熱中症とみられる。県警は、竹内容疑者が姉妹を放置し、知人男性と複数の飲食店を飲み歩いていたとみて捜査している。

 高松北署によると、逮捕容疑は2日午後9時ごろから3日午後0時40分ごろまでの約15時間40分にわたり、高松市内の駐車場に止めた乗用車内に長女の真友理(まゆり)ちゃん(6)と次女の友理恵(ゆりえ)ちゃん(3)を置き去りにし、熱中症で死亡させたというもの。竹内容疑者は黙秘しているという。

 捜査関係者によると、防犯カメラの映像や目撃証言などから、竹内容疑者が2日夜に車を止めた後、知人男性と市中心部の飲食店を少なくとも3軒はしごし、3日の明け方まで酒を飲んでいたとみられることがわかったという。その後、知人宅を訪れ、昼ごろに車に戻ったとみて調べている。

 竹内容疑者は駐車場から近くの路上に車を移動させ、119番通報。現場で警察官に「具合が悪くなり、トイレに数時間行っていた」と説明したという。姉妹は意識がなく、搬送先の病院で死亡が確認された。車内からは飲みかけの水や食べかけのパンが見つかり、県警は竹内容疑者が置いていったとみている。

 署によると、竹内容疑者は夫と姉妹の4人家族。県によると、これまで児童相談所に育児放棄などが疑われる通報はなく、県警も把握していないという。

 姉妹が通う幼稚園の男性園長によると、夏休み明けの9月1日に竹内容疑者から「県外に行っている園児が多く、新型コロナウイルスに感染するのが怖いから1週間休む」と電話があった。園長は竹内容疑者について「運動会などの行事を率先して手伝ってくれていた。とても優しいお母さんと思っていた」と語り、「(姉妹に)7日に会えることを楽しみにしていたので、とてもショックです」とうなだれた。(長妻昭明、多知川節子)