• アピタル

厚生労働次官に樽見・新型コロナ対策推進室長

石川春菜
[PR]

 政府は4日の閣議で、鈴木俊彦・厚生労働事務次官(60)が退官し、後任に樽見英樹・内閣審議官兼新型コロナウイルス感染症対策推進室長(60)を充てる人事を決めた。14日付。新型コロナウイルスの対策に力を入れるねらいがあるとしている。

 加藤勝信厚労相は4日の閣議後会見で、樽見氏について「役所全体の最先端で(新型コロナ対策に)努めている」と人事の狙いを述べた。厚労省の幹部人事は大部分が8月7日付で発令されている。司令塔となる次官人事の時期が9月にずれ込んだことについて加藤氏は、感染状況が落ち着いていることなどを挙げた。(石川春菜)