[PR]

 家族の遺産を譲るとうそのメールを送り付け、手数料名目で電子マネーを詐取したとして、警視庁は、東京都新宿区西新宿5丁目の尾崎佑介容疑者(34)ら職業不詳の男3人を詐欺容疑で逮捕し、4日発表した。昨年6~11月に、全国の約670人から計約1億円分の電子マネーをだまし取った疑いがあるとみて調べている。

 捜査2課によると、ほかに逮捕されたのは、東京都世田谷区太子堂1丁目の林大地(35)と同区野沢1丁目の辻裕生(34)の両容疑者。いずれも黙秘しているという。

 逮捕容疑は昨年3月、資産家の女性を装い、鹿児島市の50代男性に「祖父の遺産約3億円を譲りたい。譲渡には手数料が必要です」といったうそのメールを送信。プリペイド式の電子マネー1万5千円分をだまし取ったというもの。

 警視庁は昨年11月、犯行拠点…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら