名大発ベンチャー、自動運転向け地図で名鉄Gと実証事業

近藤郷平
[PR]

 自動運転に必要となる高精度な3次元地図の技術開発をてがける名古屋大学発のベンチャー企業「マップフォー」は、名古屋鉄道やそのグループ企業と共同で、実際の3次元地図をつくる実証事業を10~12月、愛知県内でおこなう。名鉄グループのタクシーに機器を載せて、道路や標識、障害物などのデータを集め、地図作製の精度を検証する。

 高精度の3次元地図をつくるには、高額のセンサーを車両に搭載してデータを集める必要があるなど、コスト面の課題があった。マップフォーには、安価なセンサーを使って3次元地図をつくる技術がある。

 今回の実証事業では、名鉄グループの一つ、中日本航空(愛知県豊山町)が持つ位置測定の精度を高める技術を活用。新たに開発した機器を、営業運転するタクシー2台に載せてデータを収集しながら、クラウド上で地図をつくる。安価でも高精度の3次元地図づくりをめざす。

 実証事業の成果を踏まえ、3次元地図をつくる他社と連携しながら、自動運転サービスの事業につなげていきたいという。

 マップフォーは2016年設立で、自動運転のソフトウェアを開発する名大発ベンチャー「ティアフォー」の子会社だ。(近藤郷平)