[PR]

 立憲民主、国民民主両党による合流新党の代表選(7日告示、10日投開票)で、立憲の枝野幸男代表(56)と国民の泉健太政調会長(46)が4日、それぞれ国会内で会見し、立候補を表明した。立憲VS.国民の一騎打ちの構図となりそうだ。合流新党には衆参計149人が参加することも発表。分裂前の規模に戻り、政権交代を目指す。

 会見で、枝野氏は「離合集散の歴史に終止符を打ち、政権の選択肢になる」と訴えた。対する泉氏は「提案型の野党第1党」を目指す考えを打ち出した。

 新党は、代表選と同時に党名も選挙で決める。枝野氏は「立憲民主党」、泉氏は「民主党」を推すことを明らかにした。投票では、候補者名と党名をそれぞれ選ぶことができる。

 両党によると、3日に締め切った合流新党の入党宣誓書を149人が提出した。内訳は衆院106人、参院43人。政党別では立憲88人、国民40人、無所属21人となっている。(小泉浩樹

 合流新党に参加するのは次の1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら