[PR]

 自民党総裁選の都道府県連代表票の行方は、秋田を除いて全国で行われる予備選で決まることになった。党員・党友投票を省いた「簡易型」となったため、国会議員票以外の地方票の比率は2001年以降で最も低い。「地方の声」の影響力は限定的といえるが、結果は新政権の正統性を左右しかねないこともあり、各陣営は対策を練る。

 自民党秋田県連の常任総務会は4日、党員らによる予備選を実施せず、都道府県連代表票の秋田分3票すべてを、同県出身の菅義偉官房長官に投じる方針を確認した。

 県選出の党所属国会議員は4人。石破派が1人いるが、残りは菅氏支持の派閥所属だ。菅氏擁立を主導した二階派の金田勝年元法相が県連会長を務める。

 県連副会長の鶴田有司県議は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら