【動画】捜査員があわだたしく行き交う様子を防犯カメラが記録していた
[PR]

 横浜市の小学4年生の女児(9)が2日午後から行方不明になり、神奈川県警が捜査していたところ、5日未明に東京都葛飾区で発見し、一緒にいた同区西水元3丁目、自称無職の大竹晃史(あきひと)容疑者(38)を未成年者誘拐の疑いで現行犯逮捕した。女児にけがはなかった。大竹容疑者は「オンラインゲームで知り合った」と話しており、県警は詳しく調べる。

 県警捜査1課によると、逮捕容疑は2日午後4時ごろ、横浜市青葉区の路上で女児を誘拐したというもの。大竹容疑者は「未成年と知りながら車に乗せて連れ去ったことに間違いない」と、容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、女児は2日午後、自宅近くの公園で同年代の友人4人と遊び、「東京の友達に会う」と言って別れた。門限の午後5時になっても帰宅しないことから、母親が近くの交番に届けた。

 付近の防犯カメラには、キックボードに乗った女児が男と歩く姿が映っていた。複数の防犯カメラの記録をつなぎ合わせ、連れ去りに使ったとみられる車種やナンバーの一部が判明。捜査員が大竹容疑者の自宅周辺で待機していると、4日夜までに、カメラの映像とよく似た男が1人で帰宅した。帰宅前から家の電気はついており、他にも人がいるとみて観察を続けた。

 5日午前3時過ぎ、大竹容疑者が車に乗って自宅を出たことから、捜査員が車を取り囲み、後部座席におびえた様子で座っている女児を見つけた。大竹容疑者は「帰りたがっていたので家に帰すつもりだった」と話したという。

 現場周辺の防犯カメラには、保護された女児が捜査員に付き添われながら歩き、捜査車両に乗り込む様子が映っていた。

 女児は普段から、親が管理するスマートフォンを使い、ロールプレイングゲームなどのオンラインゲームで遊んでいたという。捜査関係者によると、大竹容疑者は、複数の参加者がグループに分かれて競い合うゲーム上で女児と連絡を重ねていたとみられ、県警は、事前に会う約束をしていた可能性があるとみて調べている。SNSで連絡を取った形跡はないという。(土屋香乃子、黒田陸離、林瞬)

近所の女性「見かけることあまりなかった」

 女児が保護されたのは、横浜市…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら