[PR]

 陸上のトップ選手が世界を転戦する「ダイヤモンドリーグ(DL)」のブリュッセル大会が4日、国際親善大会として開かれた。男女の1時間走では世界記録が更新され、男子は、2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両オリンピックで長距離2冠のモハメド・ファラー(英)が2万1330メートルで優勝。女子は昨年の世界選手権で1500メートルと1万メートルの2冠だったシファン・ハッサン(オランダ)が1万8930メートルで制した。

 1時間走は五輪では実施されない種目で、1時間で稼いだ距離を競う。目に見えるゴールラインがないため、ファラーは終了の合図が鳴ってもしばらく全力で走り続けていた。場内の空気でようやく終わったことを悟り足を止めると、笑みを浮かべて軽く拳を握った。

 前日に宣言した通り、07年にハイレ・ゲブレシラシエ(エチオピア)がマークした世界記録2万1285メートルを上回ってみせた。レース後のインタビューでは「記録を更新できて本当にうれしい。多くの人にやればできると証明することができた」と語った。

 一貫して冷静な走りだった。「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら