台風10号接近、沖縄・九州発着便の欠航相次ぐ

台風10号最新情報

[PR]

 台風10号の接近に伴い、航空会社は沖縄や九州の空港を発着する便の欠航を決めた。日本航空は5日午後8時時点で、羽田や大阪と、那覇を結ぶ便など6日の計136便の欠航を決定。全日空も5日午後9時過ぎの時点で、那覇発着の便を中心に5日の計23便の運航を取りやめたほか、6日は計158便、7日は計200便、8日は13便の欠航を決めた。