台風接近「早めの避難を」 3密回避、避難所は定員削減

有料会員記事台風10号最新情報

山岸玲
[PR]

 重大な災害が起きる恐れがある「特別警報級」の勢力で台風10号が近づくと予想される中、懸念されるのがコロナ禍での避難だ。「3密」回避のために避難所の定員を減らすなどしており、7月の豪雨では避難したものの「再避難」を余儀なくされたケースもあった。

 「新型コロナウイルスの懸念もあるが、危険な場所にいる人は自宅の外への避難をためらわないで」

 5日午後、記者会見を開いた気象庁の中本能久・予報課長が呼びかけた。

 民間調査会社サーベイリサーチセンターは今年6月、新型コロナと災害時の避難に関するネット調査結果(回答者4700人)を公表した。風水害の危険が高まった場合、指定避難所などに避難すると答えたのは42・9%。避難所以外に避難すると答えた823人のうち、その理由を「新型コロナが広がる心配」との回答は40・1%だった。

 政府はこの春以降、災害時の避難所での感染拡大対策として、市町村に避難所で避難者同士の間隔をとるほか、マスクや消毒液の備蓄などを求めてきた。中本課長も「避難所でもコロナ対策が進んでいる」と付け加えた。

定員減で入られない人も

 ただ、熊本県を中心に全国で…

この記事は有料会員記事です。残り689文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら