[PR]

 県内で5日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。富士市では県内10例目となるクラスター(感染者集団)の発生が確認された。

 県によると、すでに感染していた人が出入りしていたスナックの関係者4人がPCR検査で陽性となった。このスナックでの感染者は5人となり、県は10例目のクラスターとした。4人の内訳は富士宮市が1人、富士市が3人。感染の可能性のある期間にスナックを利用した人は名簿から全員を特定しているため、店名は公表しないという。このほか、すでに感染していた人とスナック以外の場所で会食した富士市の未成年者も陽性が確認された。

 また、伊東市では医療機関職員が感染していた。職員は先月25日、勤務先で陽性患者と接触したという。勤務先は感染症指定医療機関ではないという。ほかに、東伊豆町の30代の感染が確認された。他県への移動はなく、感染経路は不明という。(広瀬萌恵)