写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルスの国内感染者は5日、午後9時現在で新たに599人が確認された。病院の関係者が感染したり死亡したりする事例が目立った。

 三重県では、1日あたりの感染者として過去最多の25人が確認された。このうち23人はクラスター(感染者集団)が発生した鈴鹿厚生病院の職員や入院患者だった。重症者はいないという。

 沖縄県では20人が感染し、90代の女性が死亡した。亡くなった女性は別の病気で入院中に発熱し、感染が確認された。この病院ではクラスターが発生しており、県は院内感染したとみている。石垣市内のホテルでもクラスターが発生した。

 大分県では那覇市の病院に応援で派遣され、感染者のケアにあたっていた看護師の感染が確認された。

 神戸市は、感染者として公表していた男女5人が陰性だったとして、感染者の累計を5人減らした。