[PR]

 台風10号の接近に伴い、JR西日本は6日、博多総合車両所(福岡県那珂川市)に停車させている新幹線のうち6編成について、同車両所岡山支所と広島支所に避難させることを決めた。JR西日本が防災を理由に新幹線を避難させるのは初めてという。

 博多総合車両所には通常30編成の新幹線があり、そのうちの1編成を岡山支所に、5編成を広島支所にそれぞれ避難させる。残りは屋根付きの車庫に入れるなどの対策を講じるという。6日の営業運転の合間に順次移動させ、同日中に避難を終える予定。昨年10月の台風19号では、長野市にある北陸新幹線の車両基地で車両が水没した。

 JR西日本は7日の山陽新幹線について、広島―博多駅間で終日運転取りやめ、新大阪―広島駅間で列車本数を減らすことを決めている。(宮野拓也)