【動画】台風10号の接近で、荒れる奄美大島と屋久島=マリンスポーツ奄美提供、武田剛撮影
[PR]

 大型で非常に強い台風10号は6日午前、鹿児島・奄美大島の南東を北へ進んでいる。気象庁によると、同日夜には鹿児島県にかなり接近する見通し。7日にかけて勢力を維持したまま、九州の西岸付近を北上するとみられる。

 気象庁は、鹿児島県に出す見通しだった台風による特別警報は、やや勢力が弱まったため発表の可能性が低くなったとした。ただ、中本能久・予報課長は6日午前の会見で、記録的な大雨や暴風の予想は変わっていないとして「特別警報が出るか出ないかに関わらず、最大級の警戒は怠らないで」と呼びかけた。

 気象庁は高潮に特に警戒が必要な地域として、鹿児島県の種子島・屋久島▽鹿児島湾を中心とした鹿児島・薩摩地方▽福岡県と山口県に挟まれた周防灘▽愛媛県の佐田岬半島など南予北部、をあげた。

 これらの地域は、台風接近の時間帯と満潮時刻が重なり、6日午後8時ごろ~7日未明に厳重な警戒が必要となるという。このほか九州北部や宮崎県、瀬戸内海でも高潮の恐れがある。

 気象庁の担当者は「海沿いの低地は、一気に浸水して家屋が倒壊することもある。高波と重なると浸水が広範囲にわたり、津波と同じような被害が出ることもある」と話した。また、満潮と重なる時間帯に大雨で河川が増水した場合、海に流れきらずに氾濫(はんらん)が起きることもあるという。

 7日にかけて予想される最大風速は、奄美50メートル、九州南部45メートル、九州北部40メートル、四国と中国25メートル、沖縄と近畿23メートル。波の高さは、九州南部・奄美14メートル、沖縄11メートル、九州北部と四国10メートル、近畿8メートル、東海7メートル、中国5メートル。

 7日正午までの24時間降水量は多いところで、九州南部600ミリ、九州北部500ミリ、四国と東海400ミリ、奄美300ミリ、近畿250ミリ、中国と関東甲信150ミリの予想。その後の24時間では、東海300~400、関東甲信200~300ミリ、四国と近畿100~150ミリ。(山岸玲)