[PR]

 日本ホッケーの普及のキーマンは、お笑い芸人? 関係者の期待を背負っているのは、お笑いコンビ・ロッチの中岡創一さん(42)だ。今年2月、競技をPRする日本ホッケー協会公認のアンバサダーに就任し、活動している。「アンバサダー界一、知名度が低いと思っている。それを逆手にとっていったろうかな」とやる気も十分だ。脱マイナー競技へ、日本代表選手からも頼りにされている。

 「これからも、ホッケーを愛して下さい」。6日、東京オリンピック(五輪)の会場となる大井ホッケー競技場(サウスピッチ)に集まった高校3年生約60人に向かって、中岡さんはそう呼びかけて、あいさつをしめた。全国高校総体が中止になったことを受け、東京と神奈川の高校ホッケー部が集まって行われた交流大会のセレモニーだった。

 中岡さんは6月、日本協会が開いたオンライン上のイベントで、高校のホッケー部に所属する選手と交流した。その際、「高校生のために何かできないか」と提案。それがきっかけとなって実現したのが、今回の交流大会だった。

 大会では、中岡さんと高校生の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。