[PR]

 桜や桃など主にバラ科の樹木を食い荒らす特定外来生物の「クビアカツヤカミキリ」による被害が続いている。昨年まで館林市など東毛7市町で確認されていたため、県が東毛での「封じ込め」に動き始めた矢先、新たに高崎市で見つかった。農業被害や景観悪化への懸念が続く中、県は被害拡大阻止に追われる。(中村瞬)

「フルーツ街道」 1本1本手作業で消毒

 群馬県内有数の果樹産地の高崎市で7月上旬、市内で初めてクビアカツヤカミキリによる被害が確認された。被害は桃とプラムの計6本。周辺の樹木も被害を受けている可能性が高いとして、計16本を切り倒した。

 クビアカツヤカミキリは中国や朝鮮半島などが原産地で、体長2~4センチ。成虫の活動期は5月末~8月ごろで、桜や梅、桃など主にバラ科の樹木に産卵する。繁殖力が強く、1匹のメスが1千個以上産卵した事例もある。幼虫は樹木の内部を侵食し、2~3年で成虫になる。

 県内の2019年の被害本数は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら